World eSIMを実際に海外で使ってみた感想!使い方も徹底解説

この記事にはプロモーションが含まれています。

この記事でわかること
  • World eSIMの利用方法
  • World eSIMのメリット・デメリット
  • World eSIMを海外で使ってみた感想
  • 海外旅行でおすすめのeSIM

こんにちは!なおたびです。

海外旅行でいちばん気になることといえば、スマホの通信環境ですよね!

 

ポケットWi-Fiにみんなで接続する予定だけど、はぐれた時連絡が取れなくなったらどうしよう…

 

海外ローミング、思ったより高額になっちゃった…

 

現地でSIMを購入しようと思ったけど、購入場所がわからず迷ったし、接続方法も難しかった…

そんなお悩み、「eSIM」で解決できるかもしれません。

この記事では申し込みから利用開始まで、すべてオンラインで完結するeSIMであるWorld eSIMについて解説していきます。

なおたび

申し込みも日本で準備できて、空港に着いた瞬間から接続できるので時間も無駄になりません。

この記事ではWorld eSIMの特徴や使い方、実際に海外で使ってみた感想と使い方を解説していきます。

eSIMとは?

「eSIM(イーシム)」とは、Embedded SIM(組み込み型のSIM)を意味する言葉です。通常のSIMカードは端末に挿入する必要があるのに対し、eSIMは端末内に組み込まれた部品であるため抜き差しすることはありません。

eSIMとは?メリットとデメリット、契約プランなどの基本を解説

eSIMは非対応機種またはSIMロック状態だと利用できないので、必ず事前に確認してください。

対応機種の確認はこちら(外部サイト)

eSIMを使えばオンラインで完結するので、現地でSIMカードを購入し、抜き差しする必要がありません。日本にいる間にデータプランを購入しておき、海外到着時に自動で開通させることが可能です。

重たい荷物を持ちながらSIMカードを販売している店舗を探し回ったり、空港のWi-Fiで開通手続きをしなくて良くなったのは本当に便利な時代です。

目次

eSIMはココが便利!

これまで海外旅行といえばレンタルWi-Fiやローミングでしたが、eSIMを一度利用してからは正直他の選択肢が考えられなくなりました。

World eSIMに限ったことではありませんが、eSIMには以下の特徴があります。

受け取り・返却の手間がない

個人的にいちばん便利な特徴です。eSIMはあらかじめオンラインで手続きをしておき、現地に着いたらすぐに繋がるため、重たい荷物を持ってわざわざ空港のカウンターで手続きをしたり、現地でSIMの販売店を探す必要がありません。

大切な旅行の時間を観光や食事に充てることができるのはとても嬉しいメリットです。

到着時からすぐに利用可能

あらかじめオンラインで手続きをしておけば、到着したフライトの中で機内モードを解除が許可されたタイミングから利用することだって可能です。

長い入国審査の列や預け入れ手荷物の待ち時間でも、Wi-Fiがなくても退屈することはありません。空港を出ればすぐにホテルに向かうことが可能です。

価格が安い

ローミングやレンタルWi-Fiに比べると価格が安いです。データの容量や利用期間も自分のニーズに合わせて選択できて便利です。

初期設定が少し難しい

eSIMの初期設定は少し難しいため、慣れるまでは慎重に行うか詳しい人に聞きながら行うと良いでしょう。実際は数回タップするだけで利用できるので、慣れれば簡単に行うことができます。

World eSIMとは

World eSIMは、日本企業の「株式会社ビジョン」が運営する世界180カ国で利用できるeSIMサービスです。

株式会社ビジョンは「GLOBAL Wifi」というポケットWi-Fiの貸し出しサービスを提供している会社です。海外旅行が好きな方なら利用したこともあるのではないでしょうか?

10年以上海外での通信サービスを提供していた会社が2023年10月にスタートしたeSIMサービスということもあり、とても期待できますね。

World eSIMの特徴

World eSIMの特徴
  • 世界180ヵ国以上で使える
  • プリペイド型で購入後すぐに使える
  • アプリからインストール・設定可能
  • アプリで簡単残量確認
  • アプリからチャージ可能なプランも
  • テザリング可能なのでみんなで使える
  • 安心の日本語サポート

World eSIMは公式サイトまたはアプリから購入します。

海外でのWorld eSIMの使用方法

渡航前にやること

  1. アプリをダウンロード
  2. 会員登録またはログインする
  3. 利用したい国とデータ容量・期間を選択
  4. クレジットカード情報を入力して購入
  5. アプリからeSIMを設定する

渡航後に行うこと

  1. eSIMを切り替える
  2. 接続完了

eSIMプランの購入方法【渡航前】

購入前にご自身の端末でeSIMが利用できるか必ず確認してください。

STEP
会員登録する

購入履歴を確認したり、お支払い情報を保存したり、便利になりますので会員登録をしておきましょう。

STEP
利用したいエリアとデータ容量または期間を検索

渡航先と期間に合わせてプランを購入します。

エリアは1カ国周遊の2種類があります。

1カ国プラン

1カ国だけで利用できるプランです。韓国だけ、アメリカだけ、といった形で選ぶことができます。1カ国だけ旅行する方におすすめ

周遊プラン

アジア、ヨーロッパなど複数の国で利用することができるプラン。1カ国プランより価格は上がりますが、入れ替えの手間や残容量を無駄なく利用できるため、2カ国以上周遊する予定がある方におすすめです。

データの選び方は3種類あります。国とエリアごとにどのプランが利用できるかは異なるようです。

無制限プラン

指定した期間に無制限でデータを利用できるプランです。旅行をしながらインスタにたくさん投稿したい方にぴったり。データ残量を気にせず利用できるのはストレスフリーで快適です。

*大量の通信利用が認められた場合、混雑回避のため通信速度が制限される可能性があります。

データプラン①(毎日リセット)

1日あたりのデータ容量が決まっているプランです。使いすぎても日をまたげばリセットされるため、思ったよりインスタを見てしまった!なんて時でも安心です。

データプラン②(定量)

期間あたりのデータ容量が決まっているプランです。例えば10GB/15日を購入した場合、15日以内なら10GBまで自由に使えます。プランによっては後からチャージすることも可能なので、少なめに購入しておいて足りなくなったらその都度チャージすることもできます。

外出中はマップやLINEを見るだけという方だったらこちらがオススメです。

無制限プラン
データプラン①
データプラン②

*「もっと見る」からチャージの可否などの詳しい情報を確認できます。

STEP
クレジットカード情報を入力し購入

エリアとプランを決めたら、利用規約や確認事項をチェックし、お支払い情報を入力して購入します。

これで購入できました。あとはeSIMを設定していきます。

eSIMの設定手順【渡航前】

iPhoneとAndroidでeSIMのインストール手順が異なります。

管理人はiPhoneユーザーなので、iPhoneの設定手順を紹介します。公式サイトにはどちらの設定方法も詳細に載っているので確認してみてください。

STEP
アプリをダウンロードしてログインする
World-eSIM - 海外旅行も安心のeSIMアプリ

World-eSIM – 海外旅行も安心のeSIMアプリ

Vision Inc.(JP)無料

STEP
アプリからeSIMのインストールを開始する

「My eSIMs」を選びインストールしたいeSIMの詳細をタップ。

eSIMのインストールで「iOSデバイス」を選びます。

公式サイトより引用
公式サイトより引用
STEP
eSIMをインストールする
公式サイトより引用
公式サイトより引用

自動で「eSIMをアクティベート」という画面が表れます。

STEP
通話とデータに利用するSIMを選択

デフォルト回線は通話のことを表します。

新しくインストールされたeSIMには「旅行」や「副回線」といった名称がついています。

もともとご自身が日本で使っている回線(Docomo、au、Softbank等)をデフォルト回線で選択しましょう。「主回線」という名称のことが多いです。

間違えても後で修正できます
どちらもチェックしても大丈夫です

モバイルデータ通信

  1. 日本国内でインストールしている場合はもともとの回線
  2. 既に到着してインストールしている場合は新しい回線を選択します。

「モバイルデータ通信の切替を許可」は必ずオフにしておきます。オンにしていると通信環境が悪い時に、日本のSIMカードでデータ通信してしまい、高額の請求につながります。

モバイルデータ通信の切替は必ずオフ
連絡先の優先回線はもともとのSIMを選択

設定→モバイル通信から新しい回線を選択すれば名称を変更することができます。

「WorldeSIM」など、わかりやすい名前にしておくと良いでしょう。

World eSIMなどわかりやすい名前に変更

これで渡航前の準備は完了です。

eSIMをアクティベート【渡航後】

STEP
eSIMをアクティベートする

現地に到着したら「この回線をオンにする」をタップしてオンにします。

必ず「データローミング」がオンになっていることを確認してください。

間もなくデータ通信が利用できるようになるはずです。

STEP
これで設定完了です

プランの期間やデータはエリア内で初めてデータ通信を行ったときからスタートします。

海外で実際に使用した感想

World eSIM
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 初期設定が簡単
  • 価格がお得
  • アプリで残量確認・チャージができる
  • テザリングできる
  • 日本語のカスタマーサポート
デメリット
  • カスタマーサポートが24時間対応ではない

通信速度の評価

ニュージーランドでは「Spark NZ」に接続し、通信速度はダウンロード100Mbps、アップロード6Mbps程度でした。(オークランド・午前9時頃)

現地の格安SIMやホテルのWi-Fiと比較してもダウンロードは遜色のないスピードです。インスタの閲覧やGoogleマップでの検索などは快適に行うことができました。アップロードはWi-Fiほどは出ませんので、ストリーミングや動画のアップロードは難しいかもしれません。

World eSIMの通信速度
現地の格安SIM・Wi-Fiと比較
格安SIM “Skinny”
ホテルのWi-Fi

国やプランによって通信速度は異なりますので、あくまで参考程度にご覧ください。

World eSIMのメリット

実際に海外でWorld eSIMを利用してみて感じたことを書いていきます。

初期設定が簡単

アプリでの初期設定がとても簡単でした。

これまでeSIMといえば郵便やメールで届いたQRコードを読み取る方法が主流でした。メールで届くQRコードの場合、端末が2つないとスムーズにインストールできず、面倒でした。

アプリから数タップでインストールできるのは、スムーズに手続きができてとても便利です。

アプリで利用期間・データ残量の確認とチャージができる

どれくらいデータを利用したかをアプリから確認できるのがとても便利でした。

個人的にいちばんデータを繋いでおきたいのは初日と最終日。特に最終日はフライトには絶対に遅れたくないので、交通情報や空港送迎の確認のため必ず繋いでおきたいです。

データ残量の確認ができないと、最終日に確実に接続できるか不安なので、結果的にデータを大量に余らせてしまうことになります。余分なお金はできる限り節約したいので、データが確認できて、なおかつチャージもできるのはかなり安心です。

無制限プランがお得

World eSIMには他にはない「無制限プラン」があります。

海外旅行ではたくさん写真や動画を撮りますし、インスタやLINEで友だちや家族とすぐに共有したいですよね。また、旅先といえど、普段見ているSNSのチェックは欠かせません。

無制限プランならデータ残量を全く気にすることなくWi-Fiのないところでも、普段通りSNSを見ながら旅行を楽しむことができます。

World eSIMのサイトでも、さまざまなエリアで無制限プランが一番人気となっていて、多くの方が無制限プランを選んでいることがわかります。

テザリングができる

eSIMでも問題なくテザリングをすることができます。友だちとデータを共有したり、タブレットやカメラをテザリングで利用することも可能です。

大容量のプランなら、PCを接続してリモートワークをすることもできます。ただ普通の4Gの回線であることが多いので、ZOOMやライブストリーミングは難しいかもしれません。

日本語サポートがある

日本の企業なので、サポートはもちろん日本語で問い合わせることができます。

eSIMはインストールが慣れるまで難しく、また端末との相性で繋がらないこともあるので、日本語で相談できるのはとてもありがたいです。

World eSIMのデメリット

カスタマーサポートが24時間対応ではない

カスタマーサポートは365日対応ですが、返信は日本の営業時間中のみだそうです。

海外からサポートに問い合わせをしても、時差の関係で返信が翌日になってしまう可能性があります。

アジア周遊プラン・世界周遊Bプランに日本が入っている

アジア・オセアニア周遊プランと世界周遊プランBには日本が入っているため、渡航前にインストール手続きをしてしまうと、アクティベートされてプランの日数がスタートしてしまいます。

アジアを周遊する場合は1カ国目の初日分だけを別で購入するか、空港のWi-Fiでインストールをするなど特別な対応が必要になります。

よくある質問

World eSIMのプランはいつからスタートしますか?

例えば3日間のヨーロッパ周遊プランを購入した場合は、初めて対応エリア内の国でeSIMでデータ通信をしたタイミングから72時間利用できます。

無制限プランにはデータ制限はありませんか?

プランによって異なるかもしれませんが、僕が確認した韓国の無制限プランは1日約3GBのデータ制限がありました。

Wi-Fiのように無制限で利用することはできませんのでご注意ください。

お問い合わせはどこからできますか?

アプリ右下の「メニュー」に「お問い合わせ」の項目があります。

メールで返信がきますので、入力間違いにはご注意ください。

利用期間の延長やデータのチャージはできますか?

プランによって利用期間の延長やデータチャージができるかは異なります。

できない場合は新しいプランを購入して再度インストールすることになります。チャージも新規プランの購入も同じ金額です。

インストールしたeSIMを削除してしまいました。

eSIMは一度しかインストールできないので、削除してしまうと再度新しいプランを購入し直すことになります。

旅行期間が終わった期限切れのeSIMは削除してしまっても大丈夫です。

機種変更したいが、eSIMを移行できる?

eSIMは端末に紐づいてしまうので、機種変更はできません。新しい端末でプランを購入する必要があります。機種変更の予定がある場合は新しい端末を購入してから準備しましょう。

キャンセルや返金はしてもらえますか?

ほとんどの場合、購入後にキャンセルをすることはできません。ご自身の端末がeSIMに対応しているかどうか確認してから購入するようにしてください。

World eSIMはどんな人におすすめですか?

インストールが簡単で、無制限プランもあり、日本語でのサポートもあるため、人気の観光地に海外旅行をする日本人なら、どんな人にでもおすすめできます。

あえて向かない人を挙げるとすれば、周遊プランは「アジア・オセアニア」「ヨーロッパ」「世界」しかありませんので、例えばアフリカや中南米を巡りたいという方には向かないかもしれません。

さまざまな人におすすめできるWorld eSIMについて設定方法やメリット・デメリットをまとめてきました。

円安で海外旅行の費用は上がっていますが、うまくeSIMで節約して最高の旅行にしてくださいね。

ここからシェア
  • URLをコピーしました!
目次